2013年 04月 11日
     荒波に跳ぶ
      今年は風が強い日が多い。
      通常、ウインドサーフィンには風速7~8m位が最適と言われていますが、この春は15m以上の日
      が度々あります。 それでもウインドサーファーは海に来ています。
      カメラは南からの強風に乗った潮と砂と格闘しながら撮ります。
      レンズに潮が吹き付けるので、撮る時間は10~15分が勝負。
      連続写真で見ていただく。


     1.3月10日撮影分から。
                                         「1-1」
a0159414_11411430.jpg






                                         「1-2」
a0159414_11413780.jpg

                                        




                                         「1-3」
a0159414_11415559.jpg

                                    オット、帆先が切れてしまった。




                                         「1-4」
a0159414_11421537.jpg






                                         「1-5」
a0159414_11423693.jpg






                                          「1-6」
a0159414_11425639.jpg






                                          「1-7」
a0159414_11431784.jpg




       通常ウインドサーフィンは空中回転しません。 海を滑るスポーツです。
       回転出来る条件は強風とそれに乗れるスピードでしょう。 上手な選手でなければ出来ませんね。



     2.3月18日撮影分から。


                                           「2-1」
a0159414_11473816.jpg





                                           「2-2」
a0159414_114829.jpg






                                           「2-3」
a0159414_11482051.jpg






                                          「2-4」
a0159414_1148396.jpg






                                          「2-5」
a0159414_11485884.jpg





    回転シーンは終り。  以下こんなシーンも。

                                         「打寄せる荒波」
a0159414_12195339.jpg

                                    防波堤を越える波が滝のように落ちる。






                                         「女子高生」
a0159414_125436.jpg

                                   凄い強風の中でも記念写真です。






                                         「サーファー」
a0159414_1264843.jpg

                         この検見川の浜では、この位の強風の時にサーファーが集まります。



    帰宅してカメラ・レンズの清掃が大変です。




                                      

by tak_64 | 2013-04-11 00:00 | スポーツ | Comments(0)


<<     神代植物公園           房総しだれ桜-2 >>