2012年 05月 21日
        ラッキーな金環日食
      曇り予想で全く準備していなかった「金環日食」。
      うす曇が幸いして肉眼でも雲間から瞬間的に見ることができた。  そんな人も多かったのではないだろうか。
      写真を撮るにあたっては手持ちの「NDフィルター」を使った。



                                        「7:35-真円-拡大」
a0159414_1193560.jpg

                                   色温度を3500kbにして青味を出してます。



       以下は全くの無修正でいわゆる撮って出し。
       カメラはAPS-CのEOS60D。 レンズはEF100-400mm。  手持ち撮影。
       表題のmmはレンズ表示。 従って実質は1.6倍になります。


                                        「7:33-400mm」
a0159414_11131621.jpg

                     直前までカメラなど準備していなかった。  近くの高校生の歓声であわてて撮影開始。 ピントの甘さはご容赦。





                                        「7:35-400mm」
a0159414_11143392.jpg

                           すぐに金環日食が見られた。  これが一番上の青い太陽の原画です。




                                        「7:36-115mm」
a0159414_1116916.jpg

                   前日のテレビ番組で「シースルー」となる天気予報を言っていた気象予報士が
                             いたようですが、その通りになりました。




                                        「7:36-370mm」
a0159414_1117016.jpg






                                        「7:37-400mm」
a0159414_1119124.jpg






                                        「7:39-235mm」
a0159414_11193950.jpg

                                        金環日食終了。





                                        「7:37-リング-拡大」
a0159414_11211722.jpg

                            二つ上の写真の拡大図。 写真的には真円よりいいですね。
                   



        雲もいい形を作ってくれていい写真になりました。






                      

by tak_64 | 2012-05-21 11:22 | その他 | Comments(0)


<<        復旧「花の美術館」          写真展案内 >>