2011年 03月 24日
海辺の回復
     大震災の影響でしょう、東京湾とはいえ海岸には余り人出はありませんでした。
     3月20日、ウインドサーフィンをやるボードセーラーの人々も漸く戻ってきたようです。
     それでもこの日、日曜日なのにやっていたのは夕方の3~4人だけでした。

     まずは浜辺の情景を。

     
                              「検見川浜夕景-1」
a0159414_1052736.jpg

                      太陽が雲間から覗いて空も紅くなってきた。
        


                              「検見川浜夕景-2」
a0159414_1056517.jpg

                  親子連れやカップルも散策。 ようやく普段の景色が見られました。



          さて、ウインドサーフィン。 こちらも夕陽を意識して赤みを強く調整。
        

                              「ウインドサーフィン-1」
a0159414_11232396.jpg

               身体を投げ出し、ボードの接水面積を出来るだけ少なくし水面滑走する技術を
               「プレーニング」というそうです。 中級者以上のレベルのようです。





                                「ウインドサーフィン-2」
a0159414_1105999.jpg



          

           スローでも流してみた。
                     
                               「ウインドサーフィン-3」
a0159414_1122818.jpg
   
                  135mmでは望遠が足りず、ピントも甘くなってしまいました。




                                「ウインドサーフィン-4」
a0159414_11234167.jpg

                    高速でキチッと止めるとこのレンズは結構解像度は良さそうです。  




                                「ウインドサーフィン-5」
a0159414_11235825.jpg

                     茜色に染まった空と海の境い目が黄金色に輝いた一瞬。





                                   「海鳥も」
a0159414_1173821.jpg

                             編隊を組んでくれれば良かった。




                                「ウインドサーフィン-6」
a0159414_1184031.jpg

               陽も大分落ちて最後の滑走あたり。 海の赤みも取れて帆の色もうっすらと見えます。


      かつての海辺の情景にはちょっと淋しいです。 多くのセーラー達にも戻ってきてほしいものです。


      撮影はEOS60D+EF-S18-135mmIS

by tak_64 | 2011-03-24 00:00 | スポーツ | Comments(0)


<< 2011年4月カレンダー      CAPA 1席入選 >>