2010年 08月 05日
ジェットバイク:アラカルト

         水上バイクはバック転が有名で、紹介写真やコンテストなどには、大体その写真が採用されることが
         多いですが、大会ではそれ以外にもいろんな「技」が繰り出されます。
         その技の技術の高さと完成度、そして技の数などで採点されるようです。  演技時間は2分間です。

         それぞれ「技」には「カタカナ」の名称が付いていて、女性のアナウンサーは絶叫しますが
         こちとらにはトンとわかりません。  日本語に翻訳して紹介することをお許しいただく。


                                「選手登場」
a0159414_17151366.jpg

             ハンドルに両手、足はバイクのうしろが台上になっていてそこに乗せるんですね。
             ここで選手が紹介されます。


            

                                  「滑走」
a0159414_17192887.jpg

              2分間の演技前の練習滑走です。 写真はスローで流してます。



                               「女性の部:ジャンプ」
a0159414_17202577.jpg

        今は何でも女性の部があります。 但し参加人数も少なく、レベル的には男性とまだ相当差があるようです。

  
  以下男子の部「技」の数々。

        
        バイクに横乗りし、ハンドルは片手操作です。

                                  「横乗り-1」
a0159414_17223584.jpg




                                  「横乗り-2」
a0159414_17242137.jpg




                                  「横乗り-3」
a0159414_1724458.jpg



        うしろ向きでも

                                   「後乗り-1」
a0159414_17294196.jpg



                                   「後乗り-2」
a0159414_17301815.jpg



        以下いろいろ

                                   「放り投げ」
a0159414_1732138.jpg




                                    「噴射」
a0159414_17322037.jpg




                                    「渦巻き」
a0159414_17325440.jpg




                                    「手放し」
a0159414_1737121.jpg

                これは先週(7/29)の「水上パフォーマンス編」の連続写真でも紹介しました。




      最後に「バック転」ではなく、「前方回転」を連続写真で見ていただく。

                                    「前方回転」
a0159414_17412786.jpg


a0159414_17414798.jpg


a0159414_1742291.jpg


a0159414_17421879.jpg


a0159414_17423073.jpg

      体操競技もそうですが、「バック転」より「前方回転」の方が難しそうです。 連続は無理ですね。
      バック転は連続7回出来た選手もいました。
                                        
      以上で水上バイク終了です。 たくさんの写真見ていただいて有難うございます。
   


      付録 

                                 「バック転-スロー1」
a0159414_17433286.jpg



                                 「バック転スロー-2」
a0159414_1744311.jpg
 


              
       

by tak_64 | 2010-08-05 00:00 | スポーツ | Comments(5)
Commented by tenkou at 2010-08-08 16:15 x
今週はジェットバイクのワザを楽しませて頂きました。撮影対
象が晴天下の海上とは白トビ対策には厳しい条件。特にバイク
のボディカラー白と白波。私の場合でしたら盲滅法に露出補正
しているうちに間違いなくシャッターチャンスを逃します。
ポジフィルムよりもラチチュードが更に狭いデジカメは難しい
ものですね。
Commented by kamisan at 2010-08-08 23:33 x
tenkou さん
   スポーツものでは撮影中露出補正などは考えません。
   それよりもシャッターチャンスを最優先ですね。 
   チョットマイナスに振って撮っている方が多いかもしれませんが。
   鳥もそうですが動き物の被写体に向っている時は露出補正など考えている
   人はいないでしょう。
   今回海の色を青く出すため色温度を低め(4800kb)に撮ってはいます。
   露出補正はしませんでした。
Commented by 小彼岸桜 at 2010-08-09 09:26 x
スピードの出る水上バイクの2分って
あっと言う間のような、長いようなでしょう。
女性も決まった時は一際格好いいデスねー。
「噴射」「渦巻き」「バック転スロー2」、
見て面白いです。
撮影者自身も観ているのも楽しいでしょうが、ファインダーを
覗いてチャンスを狙うのも楽しい作業だろうな。
Commented by kamisan at 2010-08-10 00:16 x
小彼岸桜さん
   時間はあっという間です。 こちらはチャンスを狙うから余計そう
   思うでしょうが、皆さんもう少しやってくれといった感じでしょうか。
  
   それから、そうなんです。 実に楽しいんです。 ジャンプや決めの瞬間を
   バシャバシャ連写しますから。 
   この日は私の隣であの「水谷彰人」先生と並んで撮りました。
   結果は秋の例会で見せてくれると思います。楽しみです。
   スポーツものに限らず動き物を撮りとめる快感は大好きです。
Commented by kamisan at 2010-08-10 00:18 x
    訂正致します。
    水谷彰人→水谷章人です。
    大変失礼致しました。


<< 房総の村      2010年8月 カレンダー >>